2017年1月27日金曜日


日本気象協会は2017年春の花粉飛散予測を発表しました。前シーズンと比べて西日本では2倍以上の飛散数となるところが多くなるでしょう。関東地方はやや少なく、北海道、東北地方では少ない見込みです。

前シーズンと比べると・・・西日本を中心に17府県で2倍以上

前シーズンは、春のスギおよびヒノキの花粉(北海道はシラカバ)の総飛散数が、東北地方、関東地方で多くなりました。北陸地方より西の地域では少なく、非常に少ない地域もありました。
2017年春の花粉飛散予測は、近畿地方、四国地方と九州地方で、前シーズンの2倍以上の飛散数となる見込みです。また、東海地方、中国地方は多く、北陸地方はやや多く飛散する予測となっています。関東地方はやや少なく、北海道、東北地方では少ない見込みです。
 

例年と比べると・・・北日本・東日本は少なめ、西日本は例年並~多め

例年比でみると、東北地方と関東地方でやや少なく、北海道では非常に少ないでしょう。そのほかの地域では例年並みか例年を上回るでしょう。


2016年の夏からみた来シーズンの花粉への影響

西日本を中心に花粉が多くなる傾向が予想されている理由は、今年の夏の天候にあります。花粉の飛散数は前年夏の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数が多くなるといわれています。それでは、2016年の夏を振り返ってみましょう。
2016年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間も多くなりました。また、北海道では降水量が記録的に多くなりました。

【気温】
7月は、西日本、東日本で気温が高くなり、北日本では平年並みとなりました。8月は、全国的に気温が高くなりました。

【日照時間】
北海道や東北地方、北陸地方、東海地方、九州地方のほとんどのところで多く、特に九州北部では非常に多くなりました。一方、関東地方と中国地方では平年並みとなりました。

【降水量】
北海道では、7月から8月にかけて、前線や低気圧、台風の接近や上陸などの影響を大きく受け、夏の降水量が1946年の統計開始以来1位となったところもありました。
北陸地方、東海地方、近畿地方では平年並み、そのほかの地域では平年並みか多くなりました。

こうした夏の天候を受けて、高温・多照などの花芽が多く形成される気象条件が揃った地域では、例年を上回る予測となっています。なお、近畿地方では前シーズンと比べると花粉飛散数が360%と、かなりの増加が予想されています。四国地方や九州地方でも前シーズンとくらべると200%を超える予想となっています。

あきらめないで!早めの花粉症対策をはじめよう

最近では、花粉シーズンの前からはじめておく治療法も知られています。また、日々の食生活でポリフェノールや乳酸菌を摂取することも効果的と言われており、以前に比べると、花粉症の症状を和らげるための事前の対策が増えてきたようです。「来シーズンは多いから・・・」とあきらめずに、自分にあった対策を調べて実践してみるなど、今から少しずつ花粉症の対策をはじめてみませんか。










2016年8月21日日曜日

NHKきょうの健康

8月29日(月) 白内障
8月30日(火) 緑内障
8月31日(水) 糖尿病網膜症
9月 1日(木) 加齢黄斑変性

Eテレ(NHK教育)午後8:30~8:45 再放送 午後1:35~1:50

待合室のNHKきょうの健康の本に載ってますのでお読みください。

尚、職員募集は終了しました。

2016年7月20日水曜日

受付事務募集
週3回から勤務できる方
時給(午前診)850円~、(午後診)1000円~
土曜隔週、午後2回以上で
昇給年1回、賞与年2回、交通費支給、バイク、車通勤可
勤務可能な曜日、時間を記入の上、履歴書(写貼)郵送してください。

2016年5月22日日曜日

本日で安木眼科開業16周年を迎えました。昨日、毎年恒例の食事会では、スタッフのみんなでフランス料理を頂きました。2月から新しく勤務している新人歓迎会もかねて楽しい時間を過ごしました。

2016年2月24日水曜日

あたらしい眼科2016年2月号

これからの眼底血管評価法(現在臨床使用できるのはRTVue XR Avanti OCT(Optovue社)のみです。)

OCT angiography(旭川医科大学眼科講座 石羽澤 明弘 先生)






2016年1月19日火曜日

現在当院にて日帰り白内障手術を受けられる方へ

70歳未満で月額所得26万円以下の方は限度額適用認定証申請されますと1か月の限度額が57600~35400円で両眼の白内障手術を施行出来ます。年金生活の方はこの区分がほとんどです。その月に初回片眼手術でこの限度額を超えれば、もう片眼の手術以降は無料になります。片眼のみより両眼手術をされたほうがお得になります。

70歳以上で年金生活の方は1か月の限度額が12,000円がほとんどです。上記同様、その月に初回片眼手術でこの限度額を超えれば、もう片眼の手術以降は無料になります。片眼のみより両眼手術をされたほうがお得になります。

同月に両眼の日帰り白内障手術を受けられる方が割安になります。両眼を別々の月に手術されると2倍の費用がかかります。他科の日帰り手術も同様になります。

来年4月に消費税10%になりこの限度額の上限が引き上げられる可能性もありますので院長から手術を勧められた方はお早めに御予約を相談してください。

限度額適用認定証申請の流れ



自己負担限度額について

自己負担限度額は被保険者の所得区分によって分類されます。
※自己負担限度額について、負担能力に応じた負担を求める観点から、平成27年1月診療分より、70 歳未満の所得区分が3 区分から5 区分に細分化されます。

平成27年1月診療分から

 所得区分
 自己負担限度額
①区分ア(標準報酬月額83万円以上の方)
 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
 140,100円
②区分イ(標準報酬月額53万~79万円の方)
 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
 93,000円
③区分ウ(標準報酬月額28万~50万円の方)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
44,400円
④区分エ(標準報酬月額26万円以下の方)
 57,600円
 44,400円
⑤区分オ(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
 35,400円
 24,600円
注)「区分ア」または「区分イ」に該当する場合、市区町村民税が非課税であっても、標準報酬月額での「区分ア」または「区分イ」の該当となります。
※総医療費とは保険適用される診察費用の総額(10割)です。
※療養を受けた月以前の1年間に、3ヵ月以上の高額療養費の支給を受けた(限度額適用認定証を使用し、自己負担限度額を負担した場合も含む)場合には、4ヵ月目から「多数該当」となり、自己負担限度額がさらに軽減されます。

実際の窓口負担額について(「区分ウ」に該当する場合)

計算例 1ヵ月の総医療費(10割):100万円 所得区分:区分ウ 窓口負担割合:3割

限度額適用認定証を提示しない場合

300,000円(3割負担)を医療機関窓口で支払って、後日高額療養費の申請により、212,570円が払い戻され、87,430円の自己負担となります。
自己負担限度額:80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円

限度額適用認定証を提示した場合

87,430円(自己負担限度額)の支払い、後日高額療養費の申請が不要となります。

限度額適用認定証申請時の留意点

  • 被保険者が低所得者に該当する場合は「健康保険限度額適用認定申請書」では申請できません。
    「健康保険限度額適用・標準負担額減額認定申請書」をご提出ください。
  • 限度額適用認定証の有効期間は、申請書を受け付けた日の属する月の1日(資格を取得した月の場合は資格取得日)から最長で1年間の範囲となります。
  • 申請書受付月より前の月の限度額適用認定証の交付はできません。日程に余裕を持ってご提出ください。

70歳以上75歳未満の方

平成27年1月からも変更はありません
被保険者の所得区分
自己負担限度額
外来
(個人ごと)
外来・入院
(世帯)
①現役並み所得者
(標準報酬月額28万円以上で高齢受給者証の負担割合が3割の方)
 44,400円
 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
[多数該当:44,400円]
②一般所得者
(①および③以外の方)
 12,000円
 44,400円
③低所得者Ⅱ(※1)
 8,000円
 24,600円
Ⅰ(※2)
 15,000円
※1 被保険者が市区町村民税の非課税者等である場合です。
※2 被保険者とその扶養家族全ての方の収入から必要経費・控除額を除いた後の所得がない場合です。
注)現役並み所得者に該当する場合は、市区町村民税が非課税等であっても現役並み所得者となります。
 

◆限度額適用認定証を利用する場合の流れ

① 限度額適用認定申請書を協会けんぽの各都道府県支部へ提出してください。
② 限度額適用認定証を交付します。(発行までの目安・・・1週間程度)
③ 医療機関の窓口で限度額適用認定証を提示します。
④ 同一医療機関のひと月の支払額が自己負担限度額までとなります。


2015年12月30日水曜日

 
新規眼科医療器械購入しました。
 
CEM-530(スペキュラマイクロスコープ:角膜内皮細胞測定、左右眼オート撮影 機能搭載)
 
 
TONOREFⅢ(屈折、角膜曲率半径、眼圧(世界で一番軽い空気圧で測定するので安心してください。)、角膜厚、調節力、白内障程度判定 機能搭載)オールインワンで機能する最高機種です。
兵庫県下第1号機。

LED Vision Chart VC-60(ハイブリット視力表:字づまりと字ひとつがオールインワン)